このリンク集は銀河英雄伝説の男女カップルを少しでも掲載しているサイト様に登録して頂いて、銀英男女ファンの皆さんに自分の好きなものを探していただき、心の渇きを癒していただくことが目的で作られています。
「銀河英雄伝説を好きになったのに男女サイトがどこにもない!」「あっても少ない!」「他のカップリングはそれなりにあるのに何で自分の好きな二人の作品はこんなに無いの!?」等の不満と嘆きで悲嘆に暮れる毎日を送っていらっしゃる方に少しでもお役に立てちたいと思って作らせていただきました。
例え登録サイトが2桁以下だろうと知ったことじゃありません。
また、銀英男女関連サイトをお持ちの管理人様はご自分の好きなカップルをバカスカ布教してやってください。「うちは銀英がメインじゃないし、イラスト一枚くらいしかそれらしいのを置いてない」というサイト様も、イラスト一枚でもSS一編でもポエム一編でも誰かの心のオアシスになると思って登録してやってください。

それではみなさん、好きにやってください


皆さんに新しい萌えが訪れますように・・・


リンク集に登録されるサイト管理人様へ(登録申請される前に必ずお読みください)

このリンク集は銀河英雄伝説の男女カップルを扱っているサイト様のリンク集です。
登録したい!!という方はまず下記を充分にお読みになられてから下のほうにあるメールフォームから登録申請していだたきます。
銀河英雄伝説の男女カップルを中心に扱っている
銀河英雄伝説をメインに取り扱っていて、その中に男女カップルのコンテンツがある
よろずor他ジャンルがメインのサイトでも、一部に銀英の男女カップルコンテンツがある
もう銀英で更新はしていないが、過去に出した銀英男女本の通販ページがある


以上のサイト様は無条件でこのリンクにご登録頂けます

ほとんど銀英コンテンツはないが、一個以上の小説、一枚以上のイラストいずれかがある
小説もイラストも無いが、銀英男女カップルに関する熱いトークが有る
上記に当てはまるサイト様もご登録頂けますが、「銀英男女のページは一部であること」と「どのページにに掲載しているのか」を明記しておいてください
※同性愛コンテンツのあるサイト様でもどこかに銀英男女コンテンツがあればご登録頂けますが、同性愛コンテンツがあることを必ず明記しておいてください

※「これから銀英男女の作品を掲載する予定だ」という方は、掲載してから登録してください


以下のサイトはご登録頂けません

銀河英雄伝説にも銀英の男女カップルにも全く関係の無いサイト
銀英男女カップルに対する誹謗中傷文がサイトのどこかに記載してあるサイト
銀河英雄伝説、及びそのキャラクターを悪戯に中傷しているサイト
銀河英雄伝説に登場する女性キャラクターに対して性犯罪を行う作品、及びコンテンツを有するサイト


以上のサイト様はリンク集を使用する皆様に不快感を与える可能性がありますので残念ながらご登録頂けません。ご了承下さい。

※当然ですがアダルトサイトなどの公害サイトはご登録いただけません。


以上のことを踏まえていただいて下記のメールフォームから登録申請をお願いします。
こちらのメールフォームはこの同盟内での共有メールフォームで専用フォームではありません。
お手数ですが

サイト名
URL
管理人名
活動形態
属性
紹介文

をフォームに入力してください。紹介文は文字制限はありません。好きなだけ宣伝してやってくださいませ。ただしあまりにも長い文面やマナーの悪い文面、過激な性表現や宗教性政治性の強い文面などは御遠慮ください。
登録するサイトを「企画・参加型サイト」あるいは「同盟・主張系サイト」に登録したい場合は「企画内容」「期間」「対象カップル」なども記載してください。

既にリンクに登録している方で内容を修正したい場合は同メールフォームにて「修正」という件名で修正箇所をわかりやすく書いてください。どどんぱがどうにかいたしまっせ。



このリンク集は以前は自動登録でしたが、アダルトサイトの登録が相次いだため手動に切り替えたものです。
どどんぱが手動で更新いたしますので反映が遅くなることもございますが何卒ご了承くださいませ。

それでビシバシ御登録くださいvv



二次創作サイトを巡るときのマナー

最近はマナーの水準の低下が著しく、マナーの悪い人のためにサイト運営をやめてしまう人も多く存在します。リンク集を見るに当たって今一度、皆さんにマナーについて考えていただこうと思いまして以下のようなものを書きました。あくまで私個人の見解なので必ずしも全て遵守しなければならないわけではありませんが、基本的なことなのでどうぞ参考までに御一読ください。これを皆さまのネットライフ、オタク生活に役立ててくだされば幸いです。
基本編

1、ネットは自己責任
インターネットで様々なサイトやページを閲覧するのは本人の自由であり、責任です。たいていのサイトにはトップページにサイトの内容と注意書きが書いてあります。それを読まずに中を閲覧して苦手なものを見たとしても、それは注意書きを読まなかった本人の責任です。検索でトップページ以外から入ってきて、例えば鬼のように苦手なカップルにヒットしてしまって大打撃を受けたとしても、検索している以上どんなものがひっかかるか解らないのですから、そういった嫌な情報にぶち当たることも覚悟しているはずです。また、メールや掲示板を利用するときはメールフォームやサイト内、掲示板内にルールが書いてあればそれに従わなければなりません。それを読まずに起こしたトラブルもやはり本人に責任があります。ネットは便利ではありますが、全てが自分にカスタマイズされて都合よくできているわけではありません。ネットを使う以上はその行為そのものに責任を持ちましょう。
 また、サイト管理人さんも、たとえ趣味でやっていたとしても不特定多数の人が閲覧するものを作っていることを良く考えてみましょう。自分の萌えが誰かの地雷であることは良くあるケースです。来てくれた人に「こんなものが置いてあるとは思わなかった!」とブーイングされないためにも、サイトのトップページや作品が置いてあるindexページにはサイトの傾向や作品の傾向、カップリングなどをしっかりと書いて置いたほうが余計なトラブルを招かずに済みます。特にキャラクター名やカップリング名はそれに命を賭けてる哀しいオタクが沢山いることを考えてしっかり明記しておいたほうが安全です。

【良くある悪い例】
『『Bが愛されている小説をひたすら書いてます』と書いてあったから私が大好きな公式のA×Bかと思ったらマイナーカプのC×B小説だった!だったら最初からC×Bって書いとけ!』
『『ラインハルトとキルヒアイスに愛を注いでます!』と書いてあるからてっきり赤金とか赤×姉かと思ってたら実態はアイゼナッハ×ラインハルトだった!なんだよそれ!
ネットの世界は文字だけが伝達手段です。いくらでも誤解は生じます。なるべく誤解を招かないように曖昧な表現で『察して』もらうのではなくはっきりとした言葉で表記しておきましょう。
発信することは大変な威力があります。発信の仕方を一度考えてみましょう。


2、晒さない
自分が気に入ったサイトがあるとそれを人に勧めたくなるのは自然なことです。それを友人同士のプライベートなメールやsnsなどで教えあうなら良いのですが、某巨大掲示板群や個人のサイトの掲示板、あるいは自分のサイト内や掲示板にURLを貼ってはいけません。「http://〜」の最初の「h」だけを抜いて表示させていることもありますが、hを抜いても意味が無いのでやめましょう。閲覧しているのは善意の人たちだけではありません。悪意を持った人たちはどこからでも沸いて出て、荒らしたり叩いたり潰したりするターゲットサイトを探しているのです。たとえ善意で「こんな良いサイトがあったの!見て見て!」と教えてあげたかったとしてもURLを載せることは悪意を持った人たちに格好の餌を与えることになるのでやめましょう。マナーサイトなどで「どこにリンクを貼ってくれてもいいです」などと書いてある場合はこの限りではありません。しかし個人サイトは晒されると危険ですので避けましょう。どうしても教えたければ「●●●で検索すればヒットすると思う」とか「●●のリンク集にあったよ」などの婉曲的な言い回しにしましょう。


3、パクらない
当たり前のことですが盗作は厳禁です。実際に別ジャンルの同人小説を、wordの置き換え機能を使ってキャラクターの名前だけ変えて展示して「私の作品です」と言ったり、誰かのサイトの絵をダウンロードして自分のサイトにアップして「私が書きました」と言ったり、サイトそのものを「このサイト私のサイトなんだ〜」と知人に言って回ったりする人がいますがこれらは全て泥棒行為です。商用作品をパクれば犯罪になります。作品は自分で生み出しましょう。 また、他人のサイトで展示されているイラストや小説などの作品を、配布されているわけでもないのに持ち帰って自分のサイトに飾って「●●さんからいただきました〜」と言うのももちろんいけません。「転載OK」と書いていなければ転載してはいけません。また、「晒さない」の項目と被ることですが、イラストや作品を掲示板などに載せるのも厳禁です。本人の許諾を得ずに勝手に貼ってはいけません。
 そしてサイトの管理人さんも盗作、転載には気をつけましょう。盗作されても転載されてもいっこうにかまわないなら良いのですが、最近は本当に転載や盗作が多くなってきています。サイト内に「無断転載禁止」「盗作禁止」などと書いたり、作品に「copyright」表記をするなりして防止策をとっておくと良いでしょう。それで完全に防げるわけではありませんが一応の対応策です。


4、直リンクはしない
バナーなどで「直リンOK」「直リン歓迎」などと書いているもの以外は直接リンクを貼ってはいけません。画像を持ち帰って自分のサーバーにアップしましょう。直リンは「他人の電気を無断使用する」に等しい行為ですからサーバーに負担がかかります。最悪の場合直リンされた管理人さんのほうがサーバーから追い出されることもあります。はた迷惑なのでやめましょう。

メール・掲示板・チャット編

1、挨拶は必ず書く
初対面の人に挨拶もなしに話しかけられたら良い気分はしないものです。メールを送るときは初めてのときはもちろん、数回目のメールだとしても挨拶は書いておいたほうが良いでしょう。「はじめまして」「こんにちは」の一言があるだけでも印象が変わってきます。また、文章の終わりには「失礼します」「それでは用件のみにて」などの言葉を添えると間違いないかと存じます。


2、名乗る
メールの最後にハンドルネームを書くのも良いのですが、できれば最初に名乗りましょう。実際に会う人にもたいていは最初に自分の名前を名乗っていると思います。ネットでも同様です。むしろ文字でしか交流できないネットだからこそオフ以上にマナーには気を使いましょう。

【例】
「はじめまして、ド・ヴィリエ(仮名)です」
「はじめまして。最近wowwowで銀河英雄伝説にはまったヨブ(仮名)という者です」
「はじめまして。十年以上前からライ×ヒルファンのフレーゲル(仮名)という者です」
 など

3、タメ口など馴れ馴れしい文を送らない
これをすると非常に嫌われやすいです。特にオタクで同人活動を長年やっている人は礼儀を重んじる方も多いです。気をつけましょう。
「タメ語歓迎」「敬語厳禁」などの記載がない限り、ールや掲示板、チャットなどでは丁寧語を使うのが無難です。管理人さんがおもしろくてフランクに見えたとしてもそれはあくまで自分のHPに来てくれた人たちを愉しませるためのサービスです。「面白いことばかり言ってるからこのノリで言ってもいいか」と思って軽々しい文章を送り付けてしまうと管理人さんから「二度と来るな」と思われてしまうケースも多々あります。メールでやりとりするときは現実世界で実際に話すのと同じ行為ですからちゃんと礼節をわきまえましょう。
 かといってあまりに丁寧すぎるとそれはそれで不気味に思われてしまいます。尊敬語や謙譲語を使わなくても良いと思われますが、「です・ます」調の丁寧語を使いましょう。
 チャットや掲示板で既にタメ語で書き込んでいる人も見かけると思いますが、そういう人は既に管理人さんとオフでも仲良しだったりメールのやり取りを頻繁にしている友人です。いきなりそういう「友人」さんたちと同じ調子で書き込んだら「何だこいつ」と思われてしまいます。丁寧にして損することはありません。まずは礼儀正しい態度で臨みましょう。ギャル文字も使わないほうが良いでしょう。ちなみに私は読めません。歳だから・・・(泣)



4、リクエストや原稿依頼をみだりにやらない(クレクレ房は嫌われます)
既に仲の良い人同士ならばともかく、まだ数回しかやりとりしていない、あるいは初回などで「この作品書いてください」あるいは「原稿をください」というのはどう考えても喜ばれません。貴方がお金を払って管理人さんに書いてもらうというなら話は別ですが、管理人さんは趣味でやっているわけですから催促したり強要したりすれば嫌がられます。むしろ「意地でも書いてやるもんか」という気分にさせてしまい、下手をするとコンテンツを閉じたりサイト自体を閉鎖に追い込んでしまうこともあります。
その人の作品がすごく読みたくても、「続きを期待しています」など抑えた表現で応援しましょう。作品を見たいと思ってくれることに関しては管理人さんはとても喜んでくれるものです。言い方が悪かったばかりに管理人さんを傷つけたり関係を悪くしてしまうのでは勿体無いので失礼にならない程度に応援してあげましょう。

【実際にあった悪い例】
「早く●●×●●をアップして〜!」
「更新してくれてありがとうございます。次は小説を書いてください」
「これはもう書いてくれないのでしょうか?同人誌は買わないのでやらなくてもいいですから早くアップしてください」
「くだらないギャグなんかやらないでちゃんとした男女カップルの絵を描いてください」

↑の例を見て「うわっ!酷いなこりゃ」と思われた方は正常な証拠です。そのままでいてください。


5、「教えて!」はやらない(自分で調べよう)
ネットの世界には便利な検索ツールがたくさんあるわけですから、人に聞く前になるべく自分で調べましょう。
例えば「銀河英雄伝説って誰が書いてるの?」「銀河英雄伝説って何巻出てるの?」などの内容を銀英サイトにわざわざ聞きに行かないでください。調べれば解る範囲のことは自分で調べましょう。本当に↑なことを銀英サイトで聞いたら「こいつうちのサイトに来てるくせに本当に銀英ファンなのか?」と思われてしまいます。現実世界では素直に聞くほうが良い場合が多いですが、ネットでは自分で調べもしないで気軽に何でも聞いてしまうと聞かれたほうは迷惑に思います。質問掲示板などは別ですが、聞く前に調べて、それでもどうしても解らなかったら聞きましょう。


6、目的が曖昧なメール
これは通販などの明確が理由があるメールの場合です。
その作品やカップリングや管理人さんの作品への感想を述べるので気持ちが舞い上がってしまって肝心の用件がはっきり書かれていないメールがたまに届きます。通販してほしいらしいんだけど、この人は何が言いたいんだろう?と首を傾げてしまいます。感想だけ述べたいメールはかまいませんが、目的がある場合は明確に書きましょう。もし感想を書くだけで精一杯になってしまって忘れそうだったら最初に「●●の通販を希望します」と書いておくと良いでしょう。


7、キャラクターやカップリング、作品や作者、あるいは管理人さんと管理人さんの友人などをけなさない
普段から最低限の礼儀を守って生きていればやらない間違いだとは思うのですが念のため。
銀河英雄伝説のサイトさんやサークルさんにあてたメールで「ぶっちゃけ銀英って話はイマイチだと思うしデザインもダサいと思うんですけどキャラ萌えしてしまいまして」などと書いたらマズイのはわかりますよね。解らない方はメールとかやらないほうが良いと思います。サイト管理人さんやサークルさんはその作品やキャラクター、カップルなどが好きで活動しているのですから、その人に向かってキャラクターたちを貶したり馬鹿にしたりしてはいけません。ある意味、管理人さんをバカにする以上に嫌われます。なぜなら管理人さんはキャラクターやカップリングに魂を預けているケースが多いからです。たとえサイト内で管理人さんがそのキャラをけなしていても、それは管理人さんの小学生のような愛情表現であることがほとんどです。管理人さんがそんな調子だからといって同じように貶すと「わしが貶すのはイイが他人に貶されるのは赦せん!」身勝手な愛でもって逆上されかねないので気をつけましょう。オタクはちょっぴりセンチにできてます。 また、サイト内などで特に記載されていないキャラクターについてもいきなり貶すと危険です。書いていないだけで実はそのキャラクターを管理人さんが偏愛していることもあり得ます。なんにせよ「貶す」という行為は喜ばれることではないのでなるべくなら控えましょう。

【例】
ミッターマイヤー夫妻をやってるサイトさんに「エヴァンゼリンっていかにも男の理想像でステレオタイプで面白みがないですよね」と書く

ヤン×フレサイトさんに「ヤンって結局フレデリカのこと好きじゃなかったと思うんですよ。というかヤンって優柔不断でわがままなくせに皆に好かれて認められててヤン・ウェンリーマンセー臭がしてムカツキません?」と書く

いずれも管理人さんの脳内死刑執行リストに記載されること間違いなしなのでやめましょう

8、別のキャラクター、カップル、ジャンルなどを押し付けない
管理人さんがサイト内で「好きだ」と記載していないカップルやキャラクター「このカップルっていいですよね!」「このキャラ書いてください!」などと言って勧めないほうが良いでしょう。実はそれが管理人さんにとってものすごい地雷キャラや地雷カップルであることもあります。管理人さんが何を好きで、何が駄目なのか把握しないうちから舞い上がって何でもかんでも書いてしまうと危険です。相手の様子を見て書きましょう。


9、メールを送ったり掲示板に書き込んだりする前にサイトをよく見る
たいていのサイトさんは「about」「map」「profile」などのページを持っています。それらはそのサイトの傾向、管理人さんの傾向が書いてあるので必ず読みましょう。「diary」は全部読むと大変ですが、せめて数件分の日記は目を通しておきましょう。管理人さんがマナーサイトへのリンクを貼っていたら読んだほうがいいです。全部読むと面倒ならざっと見るだけでも良いです。マナーサイトへのリンクを貼っている時点で「ここのサークルさんはマナーをしっかりしていないと駄目なんだな」と理解しましょう。また、サイトさんが自分でマナーページを作っていたりメールフォームや掲示板のどこかに「●●禁止」などのルールを設けている場合はちゃんと見たほうが良いです。サイトは管理人さんの王国です。その国のルールに従いましょう。サイトによっていくらかルールが異なってきますのでお気をつけください。特に自分でマナーのページを作っているサイトの管理人さんはそれまでに痛い目に遭ってきたと考えられます。察してあげましょう(涙)
 そこまでやりたくない場合はweb拍手などの一言ツールで済ませましょう。こちらは文字制限があるので挨拶を入れられなくても大目に見てくれるでしょう。ただし油断してしまうとやっぱり受け取った側が不愉快になることもあります。「abaut」「map」「profile」「manner」などは管理人さんが「これさえやらなければ大丈夫よ」と予め教えてくれている情報ですからしっかり見て快適なやりとりをしましょう。サイトが無くて同人誌情報のみの場合は情報全体を良く見ましょう。


以上の内容を踏まえて、以下のような内容のメールならまず管理人さんに嫌がられないと思います。

『ラインハルト・フォン・ローエングラム(仮名)さま

初めまして。銀河英雄伝説ファンのオーベルシュタイン(仮名)という者です。リアルタイムの頃からライ×ヒルが大好きで、「夏の終わりのバラ」はもう何回も読みました。ですがこの二人の同人誌もサイトも全く見当たらず、寂しい想いをしていましたので、ラインハルトさんのサイトを見つけたときは狂喜乱舞いたしました。ラインハルトさんの作品は全部読ませていただきましたがどれも素晴らしいお話で、とくに小説『ドキドキを止めないで(仮名)』はもう何度も読ませていただきました。ちょっと攻めなラインハルトに萌えが止まりません。素敵なお話を見させていただいてどうもありがとうございます。これからもこういう素敵なお話を見られれば良いなと思います。
さて、前置きが長くなりましたが、この度は通販を申し込みたくてメールをさせていただきました。
『恋のYO・KA・Nv』と『恋はラブハリケーン』を各一冊ずつ購入したいので、詳しい通販方法を教えてください。近日中に為替を用意して送らせていただきます。
それでは長々と駄文を失礼しました。これからもサイトにお邪魔させていただこうと思います。色々とお忙しいと思いますが更新楽しみにしています。頑張ってください。
失礼しました。
オーベルシュタイン』


これはあくまでモデルケースなのでこれを厳しく遵守する必要はありませんが参考にしてくだされば幸いです。ちなみに仮名には何の意味も意図もございません。



↓のページはネットの世界(特に二次創作系)でのマナーについて簡潔に書かれています。それぞれ1ページのみで読みやすいです。是非御一読ください。
こういう人がネットでは嫌われる      不快に思われないメールの書き方


皆さんがこのリンク集を使って訪問された先で起こったトラブルに関して当サイトは責任を持てません

だからみんな熱い中にも礼節を持ってネットを漂流しようね
みなさんが気持ち良くサイトさんを訪れてくださったら嬉しいです(^^)



広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット